脱毛器を使用して何時でもスベスベボディ|綺麗を追い求める人へ

ケノンを利用

ボディ

日焼けしている時は使用は避けよう

ケノンを利用する時には、ケノンから出る光をムダ毛処理したい部分に照射するだけであり、とても簡単に脱毛する事が出来ます。しかし、簡単ではあるとは言っても、扱い方について全く注意する必要が無いという訳ではありません。例えば、日焼けをしている肌に照射するのは避けておいた方が良いです。日焼けをしていない肌であれば光を照射してもなんともありませんが、日焼けをしていると光が反応してしまい、火傷してしまう原因となってしまいます。何故、日焼けすると肌が反応してしまうのかというと、日焼けというのは肌を紫外線から守るために色が黒くなります。色が黒くなるのはメラニンが原因で、メラニンが光に反応する事で熱を発生させて火傷してしまうのです。

毛が生える仕組みについて知っておこう

ケノンで脱毛をする際には、毛が生えてくる仕組みについて知っておくと処理をする際に役立ちます。体毛というのは毛周期と呼ばれる周期があり、成長期、退行期、休止期の三つの期間に分ける事が出来ます。成長期というのは体毛が成長していく期間であり、退行期は成長が止まってから自然に抜け落ちるまでの期間、そして休止期は抜け落ちてから再び毛が生えてくるまでの期間の事を言います。ケノンで脱毛をする際には、光をムダ毛に照射する事で熱によってダメージを与えるという仕組みであるために、成長期の毛に対して効果があります。逆に休止期の毛に対して光を照射しても反応するムダ毛が無いために効果はないです。ケノンで脱毛する際には毛周期に合わせて脱毛すると良いです。