スピーカー

音響放送の一つです

有線放送は特に飲食店や小売店ではもちろん、営業所や事務所でも導入される場合が多いです。最近では手軽に設置できるポータブルタイプの機器も登場し、一般家庭でも設置する人はいます。大手有線放送の業者だと、導入後もサポート、アフターフォローの万全な業者を選びましょう。

音符

店の雰囲気を変える音楽

評判の良い飲食店には、雰囲気にあった音楽が流れていて、その音楽は有線放送のことが多くなっています。有線放送であれば、イメージにあったチャンネルに設定しておけば、最新ヒット曲から定番曲までイメージ通りの音楽を流し続けてくれます。

楽器

音楽配信のプロ

店舗で有線放送を利用する目的は、ゲストの居心地を良くして購買意欲を高めるためです。従業員にも働きやすい環境を提供できます。また、有線放送業者は音楽配信のプロなので、空間演出のコンサルや著作権の問題にも対応してもらえます。

音楽機器

経営者の強い味方

店舗で音楽を流す場合は、営利目的になるため著作権料の支払いが必要です。しかし、有線放送を流しているのであれば業者が店舗に代わって著作権料を支払っているので手続きや支払いは不要です。また、有線放送はたくさんのプログラムがあるので、様々な趣向を持ったゲストの興味を引く事も可能です。

男女

事業者の選び方

有線放送事業者は大きく分けると地元密着と大手に別れ、地元密着型業者は地元ならではのプログラムを提供していて、大手はチャンネル数が豊富で放送回線が選べるといった違いがあります。どちらが良いかは決めにくいので、提案書をもらい理想的な方を選ぶようにしましょう。

音楽を取り入れよう

握手

社内の雰囲気が良くなる

飲食店にしても美容院にしても、何らかのお店や会社を立ち上げる場合、経営者はいろいろと工夫をしなくてはなりません。まず、資金を集めてオフィスを構えます。そして、オフィスに合う家具などをそろえ、人材募集をかけます。もちろん、これだけでは仕事をスムーズにできる環境とは言えません。最初は数名で立ち上げた会社であったとしても、会社の雰囲気を常に良い環境に保てるようにしておきましょう。例えば、社内に音楽を流すこともお勧めです。もちろん、大音量ではなく、微かに聴こえる程度に設定します。また、同じ曲ばかりでは飽きてしまうので、有線放送を取り入れるといいかもしれません。有線放送の契約が必要になりますが、流行している曲をはじめ、様々なジャンルを流してくれるため、飽きることなく聴くことができるでしょう。また、有線放送が流れている職場はたくさんあります。美容院や飲食店などでも流れていると、一人で訪れて話し相手が居ない人でも居心地良く感じられるはずです。有線放送は一般的なオフィスに限らず、様々な場所で重宝されています。このような理由から、独立起業した時には細かなところまで配慮がいくように考えてみましょう。特にオフィスを訪れるお客様たちが受付で待っている間は手持ち無沙汰です。待合室にこそ有線放送が流れていると居心地良く感じられることでしょう。このような細かな配慮がなされている会社は評判も良くなるため、会社にとってもメリットと言えます。